古田鈑金工芸は自動車産業黎明期の昭和34年に創業した自動車板金修理工場です。
長年培ってきた自動車板金修理の経験と実績を余すことなく1台1台のお車と向き合い、お客様のニーズに合わせた最善の修理方法を模索することをモットーとしております。


お客様の大切なお車をお預かりするに際して、以下の3点をお約束

1. 質の高い仕事をスピーディーに

畳の引いてある和室に入ると、無意識に癒されると感じる人は多いと思います。実はい草には森林浴とかで感じることのできる「フィトンチッド」やアロマなどにも使われる「αシペロン」という物質が含まれているので、癒し効果が高いです。 


2. 安易な部品交換は致しません

い草は日本古来より薬草としてみなされてきたという歴史が示すように、元々臭いの原因となる微生物群が増えるのを抑える効果があります。具体的には納豆にも含まれている「イソ吉草酸」や少し酸っぱい臭いがする「酢酸」の2つが主になります。人の足の汗や靴下の臭いが畳についても、この高い抗菌作用のおかげでクサい臭いがしないということです。 


3. 見えない所まできっちり作業

踏めばわかりますが、畳の部屋に入ると音や衝撃が吸収されます。柔道などの道場に入ると下に畳が引いてあるのは、音や衝撃を吸収してくれるからなんですね。言い方を変えれば、防音材やクッションの代わりにもなっているということです。そんなことから、お子様の部屋を和室にするのもありかもしれません。 



お客様のニーズがバンパーが直っていさえいれば良いという場合は、それを最大限に尊重し修理を進めます。
共通の想いは「安心して車に乗って頂くこと」この1点です。

電話・メールお問い合わせ